一般事業主 行動計画

高島屋グループの経営理念「いつも、人から」のもと、充実した生活と質の高い仕事との調和がとれた環境を整備することにより、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次世代育成支援対策推進法並びに女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を次のように策定します。

1.計画期間
2022年4月1日〜2025年3月31日
2.課題
  • 課題 1:女性社員の成長や、管理監督者登用を視野にいれた育成
  • 課題 2:勤続年数拡大と能力発揮に向けた働く環境整備
3.目標
  • 目標 1:管理職に占める女性の比率について、45%を達成する
  • 目標 2:働きやすさや柔軟な働き方の浸透を図り平均残業時間を2019年比20%削減する
    ※2020年2021年は特殊事情(新型コロナウイルスの影響)により除外
4.取組内容と実施時期
  • 取組 1:研修・勉強会への参加などキャリア形成に向けた支援を実施する(2022年4月以降)
    ・デジタルスキルの習得など、業務スキルの高位平準化にむけた取り組み
    ・次世代リーダー研修などへの参加や本社の教育への参加などにむけた取り組み
  • 取組 2:利用可能な両立支援制度を周知する(2022年4月以降)
    ・育児介護休業法改正に伴う各施策について周知する
    ・各種施策における好事例などを共有し、利用しやすい環境づくりを促進する
  • 取組 3:フレックスタイム制度の活用や、業務効率化に向けた環境整備など、柔軟で効率的な働き方の選択肢を増やす取組を実施する(2022年4月以降)
    ・フレックスタイム制度の活用と、デバイスの整備を含めた働く環境整備に向けた取り組みを実施
5.公表数値
  • ・採用した労働者に占める女性労働者の割合 社員100%、嘱託社員33%
  • ・労働者の1カ月あたりの平均残業時間 9.7時間

以  上